巣箱の設置場所

ここでは蜜蜂を飼う上での巣箱の設置場所を解説していきます!

蜜蜂を捕獲するときの巣箱の設置場所はこちら

待ち桶の設置
待ち桶の設置
ポイントは3つ 見晴らしが良い 風通しが良い 昼の日当たりが良い この3つが揃っていればだいたい大丈夫! ここぞと思った日に蜜蝋をもう一度溶かしてみましょう。 探索蜂は元巣と同じような環境を探しているよう...

静かで直射日光が当たらなく、風が少し吹く所

軒下、崖の上、ベランダ、庭の片隅、木下等・・・いろいろあります。
夏は日が当たらず、冬は日が当たるような落葉樹の下が望ましいと思います。

雨が当たるところは屋根を作ってあげてましょう

雨に当たりすぎると巣箱が湿気てカビたり、ダニがわいたり、腐ったりしてしまいます。

また、地面に直に置かず、ビールケースなどで地面からあげてください
蜂も飛び立ちにくいし、雨水がはねて大変な事になってしまいます。

複数設置するときは間隔をあけよう

巣箱を置く間隔があまり狭いと蜂たちが迷ってしまうので、1mは開けて置いてください。
違う巣箱に入ると、においの違いで袋叩きに合ってしまうことがあります。

しっかり固定しましょう

不安定な状態だと台風や地震で倒れる可能性があります。
重石をのせておけばちょっとやそっとでは倒れませんが、心配な時はロープで固定ましょう。

特に重箱式は上に伸ばす性質上、重心が上にあり転倒しやすいです。

また、崖や塀の上に置くときは巣箱の転倒だけでなく、梯子からの転落にも十分に注意してください。