日本蜜蜂の飼育

日本蜜蜂とは

・分布
日本蜜蜂とは古来、韓国から日本に渡ってきた東洋蜜蜂の亜種です。
分布は本州~奄美。北海道以北、沖縄以南には生息していません。

・特徴
女王蜂、雄蜂は真っ黒、働き蜂は全体的に黒っぽく、
西洋蜜蜂よりも一回り小さいので一目でわかります。
蜜蜂の中では比較的おとなしいので、滅多に刺しません。

・養蜂
逃去(巣箱から逃げる)しやすく、採蜜に手間がかかるので養蜂には使われず、
山間部でひそかに暮らしてきましたが、ここ数年の流行によって民間に進出してきました。
小さいが故に、西洋蜜蜂と比べて採蜜量が少ないですが、蜜は多くの種の花から集められるため「百花蜜」等の名で重宝されています。また、プロポリスは分泌しません。

・営巣
巣は基本的には樹洞等の閉鎖空間に作られます。
巣板は複数で、通常ならば5~10枚です。
環境によっては、日本蜜蜂は夏には数万匹に達する場合もあります。

・分蜂
分蜂は4~6月が最盛期です。普通は1つの巣から1~3回分蜂します。
日本蜜蜂の分蜂群は金稜辺などの特定種の蘭の花に集まる性質があります。
分蜂時の日本蜜蜂は特におとなしいのです。

・抵抗性
オオスズメバチを集団熱殺することが有名です。
他にも、ダニがつきにくい、病気になりにくい面もあります。

飼育、捕獲方法、その他に関しては 当HPの該当記事にてご確認ください。
総計:3,085回表示
今日:1回表示
昨日:1回表示