日本蜜蜂の飼育

待ち桶の設置

風通しの良い場所、屋根の下、擁壁の上、縁側、神社や寺院など・・・
建て物に埋め込むように置くのがポイントです。

ここぞと思った日に蜜蝋を再度溶かしてみましょう。

探査蜂は元巣と同じような環境を探します。
その性質を利用して待ち桶を作る、仕掛けるのもよいかもしれません。

また、杉皮を巣門のある面に貼っておくと蜂が入りやすいそうです。

総計:4,587回表示
今日:2回表示
昨日:7回表示