日本蜜蜂を捕獲しよう

巣箱作り

巣箱作り

ニホンミツバチを捕獲、飼育するには巣箱が必要です。 捕獲専用の巣箱は「待ち桶(まちおけ)」と呼ばれることもあります。 巣箱の大きさは、おおむね次のとおりです。 内寸:20cm~25cm四方 高さ:30cm~40cm 板厚:...

蜜蝋を塗る

蜜蝋を塗る

日本蜜蜂の蜜蝋を塗ると蜂が誘引されて捕獲が有利になります。 天板の内側に薄く(造巣しやすいように。営巣形跡と見せるために)、巣門周辺外側に少し濃く(においで誘引するため)塗ります。 バーナーと日本蜜蜂の蜜蝋を用意します。 ...

待ち桶の設置

待ち桶の設置

風通しの良い場所、屋根の下、擁壁の上、縁側、神社や寺院など・・・ 建て物に埋め込むように置くのがポイントです。 ここぞと思った日に蜜蝋を再度溶かしてみましょう。 探査蜂は元巣と同じような環境を探します。 その性質を利用して待ち...

金稜辺を使う

金稜辺を使う

日本蜜蜂は「金稜辺」という東洋欄に誘引されます。 何故だかは分かっておらず謎のまま… 単に金稜辺とはいえ、数多くの種類があるので専門店で買うといいです。 金稜辺は日本には自生していないと言うのが正しいでしょう、東南アジア原産だからです...

分蜂群の収容

分蜂群の収容

分蜂群が家の木に飛んできたりしたら・・・巣箱に収容します。 今回は、自宅の飼育群が分蜂しましたので、それを公開します 写真が少ない・・・と言うのは勘弁してください^^; 午前9時、分蜂し、近くの松の木の高いとこに蜂球ができ...

人工分蜂

人工分蜂

人工分蜂・・・名前のとおりです。 巣枠での人工分蜂は簡単ですが、重箱式で挑戦です。 03/28飼育群(A群とします)に王椀ができ始めました 04/08王台は合計7個、水色の枠で囲ってある巣板を切り取...

NO IMAGE

分蜂球誘導板

準備中

駆除捕獲

駆除捕獲

きんぎょ先生と駆除捕獲をする機会がありましたので、お手伝いさせていただきました。 天井裏で、押入れから手が届くとこに巣がありました。 写真が少ないのでご了承ください^^; 今年できた、きれいな巣です。蜂は3,000匹くらいと...

駆除捕獲器

駆除捕獲器

きんぎょ先生が写真+文章を送ってくださいました。 掃除機のパイプを差し込む側は、箱内の一方に木枠を作り、金 網を張り、さらにタマネギネットを張って、ハチが掃除機に吸 い込まれないようにしてあります。 もう一方は、サクションパイプ...