日本蜜蜂の飼育

巣箱作り

ニホンミツバチを飼育するには巣箱、捕獲するには待桶が必要です。

条件:高さ30cm以上40cm以内、内寸20cm×20cm以上、板厚10mm以上

という事で、飼育兼用重箱式待ち桶にします。
内寸は、和蜂の捕獲、飼育に最適な240mm×約240mmです。

作り方~

長さ25mm程度のコーススレッドネジ等のスクリューネジ
巾180mm,12mm厚の杉板、巾45mm,12mm厚の杉板、
2×4ホワイトウッドを用意します。

電動工具があると途轍もなく便利です(丸鋸、ドリルドライバー等)
取り扱いには十分な注意を!!、怪我しても責任は負いません・・・


巾180mm板を、240mm 4枚、260mm 8枚、290mm 2枚にカットします。
そのうちの、260mmに切った1枚を天板用に、巾80mmにカットします。
(8枚目の写真と説明文参照。機械での縦挽きは注意。)

巾45mm板を、230mm 2枚、260mm 4枚、265mm 2枚、290mm 2枚にカットします。

2×4ホワイトウッドを260mmにカットし、縦に半分にします。

正確に切らないと後で困ります。

巾180mm板の、240mm、260mmを2枚ずつで箱枠を作ります。
240mmの板が内側になるようにとめます(巴にはしません)。
木目の中心を外側に向けると良いそうですね・・・。
1辺に3本、計12本のネジでとめます。

これを2つ作ります。

※ネジを入れる前に3mmドリルビットで穴をあけないと板が割れてしまいます

2段重ねにし、巾45mm板 260mm 2枚で接合部を固定します。

節目の穴は巣門になるので、前面に来るようにしておきます。

ディスクグラインダーか何かで、横幅50mm ~100mm、高さ7mmの巣門を作ります
巾180mm板 260mm 2枚、巾45mm板 230mm 2枚と、
先ほど切った2×4ホワイトウッドで底板を作ります。

ここに、先ほど作った枠をハメるので、横とうしろの15mm程度は隙間をあけます

巾180mm板 290mm 2枚と、
巾45mm板 290mm 2枚、265mm 2枚で天蓋を作ります。

正確に切れてないと合わなくなります。

巾180mm板 260mmを1枚、巾80mmに切った板 1枚と、
巾45mm板 260mm 2枚で天板を作ります。


あとはポンポンっとのせて完成です

ついでに、ガスバーナーで表面を処理するといいです

ちなみに、これは500円で作れます。


総計:22,337回表示
今日:15回表示
昨日:12回表示