日本蜜蜂の飼育

採蜜

養蜂の醍醐味はコレでしょうね。

古くなった巣板の更新のためにも、3年に1度は採蜜をするようにします。

今回は重箱、垂れ蜜でいきます。

この重箱群の採蜜をします。

1段の内寸が180*240*240mmで、6段(実質4段)です。
営巣して2年目の群で初採蜜となります。
給餌などは一切してません

1番上の1段を切り取ることにしました~
まず、天板を叩き、上にいる蜂を下に移動させます。
蜂がちょっと怒り始めたら叩くのをやめます。

重箱の段の間にマイナスドライバーを挟み、
ナイロンの釣り糸をかまして切っていきます。
切断面です~育児圏がちょっとあります
予め用意しといた新しい天板をのせて蓋をします。
切り取った段の天板を剥がします~
そしたら、ナイフで巣板を切り取ります。
貯蜜の巣板は全部で6枚ありました。
巣をナイフなどで細かく砕き目の粗いザルで濾します。
残った巣の部分がパサパサっぽくなれば終わりです。
(残った巣の部分はあとで蜜蝋にします)

下に垂れた蜜を次は2重にしたガーゼでもう1度濾します

1日かかってしまいました
ぜんぶで4キロ採れました~

ソバ蜜の色が強い2年ものの百花蜜です。

今回は友人や知り合いにあげちゃいます
糖度は79.7度、スロー人さんに計ってもらいました~
文句なしの良い蜂蜜です。

糖度が77.5度以下の場合は発酵してしまうので
早めに消費するようにしましょう。
総計:6,250回表示
今日:1回表示
昨日:7回表示