日本蜜蜂の飼育

継ぎ箱

名前の通り、重箱式巣箱は継ぎ箱が必要です、

元の巣箱に合った木材の厚さ、幅で継ぎ箱用の箱を作ります。高さは15cm程で十分、採蜜の時に丁度良いかと思われます。あまり高くしすぎると貯蜜圏まで登るのに苦労してしまいまので。継ぎ箱の際に蜂を潰さないように注意。目安としては底板又は、下から2段目の箱に巣が届きそうな場合です。高くても150cm程度に。
下手な図で申し訳ないですが理解していただければ幸いです。
一番下の段は扉にしておくと給餌、観察、掃除の際に便利です。
継ぎ箱用の箱には巣落ち防止棒を入れてください。
夕方に2人で行うと手際よく終わります。

総計:4,473回表示
今日:1回表示
昨日:4回表示