日本蜜蜂の飼育

日本蜜蜂の飼育

飼育の心得
刺される覚悟は必要です、と言う程でもありませんが、刺される事を恐れては飼育は続けられません。確実にいつかは刺されます...
巣箱の選び方
日本蜜蜂を飼育するにあたって、最低限必要なのは巣箱、設置場所(別項で説明) 巣箱には「重箱式」「可動巣枠式」「角胴」...
巣箱作り
ニホンミツバチを飼育するには巣箱、捕獲するには待桶が必要です。 条件:高さ30cm以上40cm以内、内寸20cm×2...
巣箱の設置場所
巣箱の設置場所としては静かで夏は直射日光が当たらなく、風が少し吹く所が良いです。 軒下、崖の上、ベランダ、庭の片隅、...
給餌
日本蜜蜂にも給餌が必要な場合があります。 給餌が必要な場合、 1、蜜源不足の時期 2、貯蜜不足の場合 3、巣の成長が...
巣落ち防止棒
これは、重箱巣箱に限っての事です、他の種の巣箱に付けても構いませんが・・・ 重箱だと、どうしても巣が長くなる…?逆で...
日除け、風除け
暑い日は日除けをしないと巣箱内が熱くなり、巣が柔らくなって落ちる危険性(巣落ち)があります、暑い日に限らず、日除けは...
継ぎ箱
名前の通り、重箱式巣箱は継ぎ箱が必要です、 元の巣箱に合った木材の厚さ、幅で継ぎ箱用の箱を作ります。高さは15cm程...
湿気対策
知ってのとおり、蜜蜂は昼間にジュースくらいの濃度の蜜を花から吸ってきます。 写真の様に、其れを夜の間に羽を振るわせて...
巣箱の管理
内検 「内検は内見であり意味がない」らしいです。 逃去される可能性があるんでしょうね。 最下段に扉を作って鏡で覗く等...
スズメバチ対策
※このコンテンツは編集中)です。 スズメバチ対策も蜜蜂を飼う上で避けられないもの、 キイロスズメバチが巣門付近でホバ...
越冬対策
スズメバチの場合、越冬するのは女王だけですが、 蜜蜂は蜂群を維持したまま冬越しをします。 巣が冷えないように筋肉を震...
巣箱の交換
巣板上部に巣虫がいるときなどのときには引っ越します。 今回は、気まぐれに観察しづらいと思ったから引っ越しました。 こ...
採蜜
養蜂の醍醐味はコレでしょうね。 古くなった巣板の更新のためにも、3年に1度は採蜜をするようにします。 今回は重箱、垂...
蜜蝋の採取
蜜蝋は日本蜜蜂の捕獲には欠かせないと・・・思います^^; みつろう(蜜蝋)というのは蜜蜂の巣のベースのようなもの。 ...
無王群復活へ
準備中
総計:3,464回表示
今日:1回表示
昨日:2回表示